ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜 を見てみた

ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜 を見てみた

最近は映画館で映画を見たり、自宅などでDVDを見ることも少なくなってきています。たまに見るとしてもネット環境のあるところで動画配信を見るくらい。それでも数年前にくらべると回数は激減です。

そんな先日、気になる映画を見ました。ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜という作品です。自分は映画の評論も出来ないし、感想も「おもしろかった」くらいしか言えないので、今回はなんと、あらすじ(ネタバレ有り)を紹介しちゃいます。ただ、逆にあらすじ知ったらしっかり見たくなるような作品ですよ(笑)

麒麟の舌を持つ男

人気の映画をまったりとあらすじ解説します。今回は『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』です。

『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜』(きりんのしたのきおく)は、田中経一の小説作品。2014年に『麒麟の舌を持つ男』のタイトルで幻冬舎より刊行され、2016年に文庫化された際に改題されました。2017年には同作を原作としたこの映画が公開されたのです。ちなみに原作と映画は少し展開が違いますよ!

映画ラストレシピのあらすじ【ネタバレ】

佐々木充は、口にしたものすべての味を記憶し、それを再現することのできる絶対味覚=『麒麟の舌』を持つ天才料理人。

彼は、依頼人が人生の最後に食べたい料理を再現し、高額な報酬を得る『最期の料理人』として、全国を飛び回っていました。

イメージ画<出典写真(以下全て):写真AC>

幼い頃に両親を亡くした充は、同じ施設で育った柳沢健と組んで自分の店を持ったのですが、完璧を求める彼のやり方にスタッフも客もついて行けず、やがて店は潰れてしまいます。

残されたのは多額の借金のみでした。他人を信じることが出来ずに育った充は、育った施設の園長の葬式にさえ顔を出しません。

そんなある日、中国料理界の重鎮・楊晴明からの依頼が充の元に舞い込みます。

その依頼とは、かつて中国北部に作られた国・満州国で日本人の料理人が考案したという伝説のフルコース『大日本帝国食菜全席』の再現でした。

そのレシピを考案した料理人は山形直太朗と言い、充と同じく絶対味覚を持っていたのですが、太平洋戦争開戦直前に消息を絶ち、レシピも行方不明になってしまったのです。

レシピの謎を解くために、充は山形の足取りを追っていきます。

1930年代、宮内庁大膳課にいわゆる『天皇の料理番』として務める料理人・山形は、日本軍の三宅大佐からある命を受けて妻・千鶴と共に満州国へと向かいます。

それは、『大日本帝国食菜全席』と言う、中国料理の満願全席をも超える料理のレシピを作り出すことでした。

山形は、中国人の楊と日本人の鎌田の2人の助手を付けられ、日本軍の食堂の厨房の奥で、レシピの開発に取り組むのでした。

天皇陛下が満州国訪問の際に『大日本帝国食菜全席』を振る舞い、日本国の威信を示すのが最終的な目的だったのですが、実はこれにはもうひとつ隠された目的があったのです。

それは、満州国の独立を阻止するために、天皇陛下に振る舞う料理に毒を盛り、中国人助手の楊をその犯人に仕立て上げる事でした。

毒味役がいるため天皇に危害が及ぶことはなく、中国人が毒を盛ったという事実を作るのが、日本軍の企みでした。

助手の鎌田は、山形の見張り役だったのです。

その事を知った山形は、楊を助けるためにスパイの疑いを掛け、追い出してしまいます。

そしていよいよ完成したレシピのお披露目の日、山形はレシピに火を着け、燃やしてしまいます。

山形は三宅大佐の怒りを買い、銃殺されてしまうのでした。

レシピは燃やされたものの、実は千鶴が書き損じたものを元にして作られたレシピがもうひとつ残されていました。それは、山形が懇意にしていたロシア人のホテル支配人に預けられていたのです。

終戦後、楊は山形の一人娘・幸を探し出し、支配人から預かったレシピを返します。

この山形の中国人助手の楊とは、楊晴明その人でした。

山形亡き後、幸は満州の日本軍の厨房で働いていた鈴木に育てられました。成長した幸は料理人の夫と死に別れ、一人息子と共に暮らしていました。

レシピを受け取った幸は山形のレシピを再現する店を開店します。しかし、店の開店初日に隣の店から出火、店にレシピを取りに戻った幸は焼死してしまいます。

そして、その時残された一人息子こそ充だったのです。

その後充は、鈴木の息子の施設にレシピと共に引き取られ、育てられたのでした。

こうして受け継がれたレシピをただ渡すだけでは、レシピに込められた想いを受け継ぐことは出来ないと、柳沢らが考え、充にレシピの行方を探させたのです。

レシピの最後のページには、充の好物のカツサンドが、幸の手で加えられていました。

以上、映画ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~のあらすじでした。

まとめ

絶対味覚=『麒麟の舌』欲しいですね。そして料理に愛情は必要なのか?考えさせられることもありました。そして原作とは少し違った内容になっているので両方楽しめます。

二宮和也(嵐)主演&西畑大吾(関西ジャニーズJr.)出演

映画では俳優・二宮和也さんの芝居をたっぷり堪能できます。その一方で、原作小説は素のニノで当て読みできるという、ニノ好きにはどっちに転んでも美味しい作品なのです。

また、映画オリジナルキャラの鎌田を演じた西畑大吾くん。西島秀俊さん演じる山形の助手として満州に渡る役。西畑くんといえば、NHKの朝ドラ「ごちそうさん」で、やっぱり戦時中を舞台に料理好きの少年・活男を演じてましたよね? 坊主頭も絶品で関西Jr.の昭和担当みたいになってるけど、あれも良かったと思います。

また機会があれば映画見てみたいとおもいますし、ご紹介もしてみますね。


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ リンクリックブログランキング 日記ブログランキング

各ブログランキングにも参加しています。バナーをポチっと押していただければ、もっと多くの方にブログが見ていただけて情報が増えるので、ご協力おねがいします!また、いろんな方のブログも見れますよ!!

  △△「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」予告

PVアクセスランキング にほんブログ村


最新情報をチェックしよう!
>モデのトリップ食堂へようこそ

モデのトリップ食堂へようこそ

CTR IMG