データのバックアップに最適!無料で使えるgoogleドライブでPCにクラウド導入をする方法

パソコンの容量が足りなくなった時に便利なのがクラウドサービス。

  • googleドライブ
  • iCloud
  • OneDrive
  • Amazon cloud drive

など、様々なクラウドサービスがあります。そんな中で本日は「無料で15GB使えるgoogleドライブ」の導入方法を紹介していきたいと思います。

一度設定してしまえばその後は「指定したフォルダに写真や動画を追加するだけで自動で同期」されるので是非「データのバックアップとしてクラウドを利用したい」と思っていた方はこちらの記事を見ながら一緒に設定していきましょう。

googleドライブのデスクトップアプリをインストール

まずはじめに、PCにgoogleドライブのデスクトップアプリをインストールしましょう。

ダウンロード先URL(公式):https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/download/

上記リンクをクリックすると下記画像の画面が表示されるので、パーソナルの「ダウンロード」をクリックしてください。

Goggleの利用規約に同意するかを確認されるので「同意してダウンロード」をクリックしてダウンロードを開始します。

ダウンロードした「installbackupandsync」という名前のファイルをダブルクリックしてPCのにgoogleドライブのアプリケーションをインストールします。後は自動的にPCのにアプリケーションがインストールされますので、これでインストール作業は完了です。

Googleにログインする

インストールが完了するとインストール完了のお知らせとともに下記画像のような画面がPCのに表示されるので、案内に従って進めて行きます。

まずはお持ちのGoogleアカウントでログインします。もしアカウントを持っていない方は無料ですので別途作成してください。

フォルダの設定

ログインが完了すると、次にクラウドと同期するフォルダ(ファイル)を選択する画面に遷移します。

すると次のような画面が表示されます。

デスクトップにあるファイル、ドキュメントファイル、画像フォルダにあるファイルを同期したい場合は下記の画像の様にデフォルトの状態でチェックがはいいているかと思いますのでそのまま「次へ」進んで行ってください。

また、既にPCの内のファイルが整理されていてバックアップするデータがまとまっている方はそのフォルダを指定してください。(画面中央の「フォルダを選択」からフォルダの指定が可能)

ただ、今この記事を読んでくれている方の多くは、これからファイルの整理をしようと考えている方が多いと思うので、今回は下記画像のように「新たにgoogleドライブバックアップ専用のフォルダを作成」する方法を説明していきたいと思います。

この方法を使えば「このフォルダに入れたものだけクラウドにバックアップされる」と言ったことが可能になります。おそらく15GBという無料の容量で運用する場合、これから紹介する使い方で問題ないかと思います。

専用フォルダの作成

フォルダの作成を行いたいので、一度先程のgoogleドライブの設定画面から離れます。windowsをお使いの方は、デスクトップ画面の下の方にある下記画像の「黄色いフォルダのアイコン」をクリックしてください。

そうすると画面左に下の画像のような表示が出てくると思うのでその中の「ローカルディスク(D:)」を選択して(※画像だとEになっていますが多くの場合Dとなっているはずです)

その中に新たに「googledrive」というフォルダを作成してください。名前はご自身がわかるものであればどんな名前でも構いません。日本語でも英語でもなんでもオッケーです。

同期するフォルダの設定

ここまで来ると設定の完了まで後もう少しですので諦めずに頑張ってください!(笑)先程までのフォルダの作成が完了していたら下記画像のように「googledive」というフォルダがバックアップフォルダとして一覧に追加されているかと思います。

万が一追加されていない場合は、下記画像にある「フォルダを選択」から先程「googledrive」という名前のフォルダを作成したPC>ローカルディスク(D:)>「googledrive」と言った手順で指定のフォルダを選択してあげてください。

これで設定はほぼ完了です。上記の手順でフォルダを指定したら、下記画像のような画面に遷移します。

ここでは「マイドライブをこのパソコンに同期するか?」と聞かれるのですが、これは既にgoogleドライブにファイルがある場合それをお使いのPCと同期するかという設定となっております。

皆様の利用するケースにもよりますが基本的には必要ない場合が多いかと負いますのでチェックを外して右下の「開始」をクリックして完了させてください。

最後に

これで先程ご自身のPC上に作った「googledrive」というフォルダが、オンライン上にあるgooglefriveと同期されました。Dドライブに作った「googledrive」に大切なファイルを入れておけば、自動的にクラウド上に同じファイルが作成されることになります。

クラウド側にあるファイルを確認したい場合は下記URLをクリックすることで確認することが可能です。

https://drive.google.com/drive/u/0/my-drive


最新情報をチェックしよう!
>モデのトリップ食堂へようこそ

モデのトリップ食堂へようこそ

CTR IMG